航空会社の仕事

今や飛行機を使えば、世界中何処へでも行けるような時代になりました。
国内は勿論、海外へのラインをつないでいるのが航空会社という存在です。
では、この航空会社で仕事をしたいと思った場合には、どのような選択肢があるのでしょうか?
航空会社で行われている仕事というのは一つではありません。
非常に多岐にわたる仕事が存在しており、一つでも欠ければ今のように便利なサービスを提供することはできなくなってしまいます。


例えば、飛行機に直接乗り込んで仕事をする仕事だけでも、パイロットと客室乗務員という2つの仕事があります。
これに加えて、地上からサポートをする仕事も入れればその数は数え切れないほどになるでしょう。


そこでこの先のページでは、そんな航空会社に関わる仕事について幅広く紹介します。
それぞれの仕事がになっている役割りが何か、そしてその仕事に就くためにはどのような道をたどれば良いのか、ということを両方紹介します。


まずこのページでは、飛行機に乗り込んで仕事をする人たち、パイロットと客室乗務員についてです。
この2つの職業は航空会社に所属する仕事のなかでも就職の難易度が高い仕事であると言えます。
パイロットになるためには長い訓練を行なって技術を身につけなければなりません。
客室乗務員についても、サービスを強化するための訓練を受けて初めてその仕事につくことができます。


競争率が高くだれでもなれる仕事ではない、ということを前提として目指す必要があります。

Copyright © 2014 航空会社で働くために All Rights Reserved.